タウンズビルでじゃんがら念仏踊り

オーストラリア、タウンズビル市はいわき市と姉妹提携を結んでいます。

そのタウンズビルの市制150周年記念イベントに参加するべく行ってきました。

そこで湯の華会のじゃんがら念仏踊りを披露する要請を受けたのです。

じゃんがらに使用する衣装や、太鼓以外の道具は各自持参です。

更に、せっかく出かけるのだから、精一杯いわき市を、そしていわき湯本温泉をアピールしてこようと、着物も持参しました。

お陰で、スーツケースは既に満杯です。


前夜祭では私達の出番はなく、中国のチームの郷土芸能を鑑賞しました。

なかなかに、派手です。

このままでは、私達のじゃんがら念仏踊りは埋もれてしまいそうです。

内心、ちょっとだけ臆してしまいました。

その日は着物で出かけましたので、驚くほど多くの地元カメラマンの方々に囲まれました。

日頃の合い言葉、『湯の華会着物を着てなきゃ只の人』

まさに、着物は日本のそして湯の華会の宝です。


さて、出演当日。

観客の方に向け、じゃんがら念仏踊りや湯の華会の説明、あるいは5年前の震災のことなど詳しくアナウンスしていただいたお陰も有り、予想以上に好意的に受け入れられたようです。

終了後、何人かの人が目頭を押さえていたと聞きます。

事実、涙を浮かべながら感動を伝えに来て下さった方もありました。

改めて、じゃんがら念仏踊りの持つあの雰囲気には、国籍にかかわらず人の心の奥に訴える何かがあるのだなと思いました。


というわけで、湯の華会じゃんがら念仏踊り部(?)、誇りを持ってこれからもますます頑張ります。









[PR]
by yunohanakai | 2016-06-17 22:22 | Comments(0)

いわき湯本温泉の女将会、湯の華会がお送りする活動日記


by yunohanakai
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31