夏こそ温泉です

ハッキリしない天気から一転、いわきの今日は、夏でした。


寒暖の差が激しいと、温泉の温度管理がとても難しくなります。

いわき湯本温泉は、60度近い高温、しかも湯量が豊富です。

外気温が高くなるにつれ、湯船に注ぐ温泉の量を絞らなければなりません。

冬は多く、夏は少なめに設定しますが、だからと言って泉質が変わるわけではありませんのでご安心下さい。


真夏にになると、湯船に足を入れた瞬間、熱ッと思うこともあります。

それは泉質もさることながら、せっかくの上質な温泉を水で薄めず、しかも掛け流しでご提供したいと思う結果なのです。

少し、ピリッと感じた時でも、体が温泉に馴染む二度目には、さほど熱さを感じることなくお入りいただけるのではないかと思います。


熱い温泉に入って、クイーッと生ビール。

下戸の私には一生味わう事の出来ない瞬間ですが、お気持ちは分かります。

さぞかし美味しいでしょうね。



                   生ビールの飲める体に生まれ変わりたいと願う 岩惣 ますみでした
[PR]
by yunohanakai | 2015-07-12 22:00 | Comments(0)

いわき湯本温泉の女将会、湯の華会がお送りする活動日記


by yunohanakai
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31